理事長挨拶

  • HOME »
  • 理事長挨拶

就 任 の ご 挨 拶

長野県電気工事業工業組合
理事長    藤 沢  一 三

 

 

 

  平成29年5月23日に開催されました平成29年度工業組合通常総代会におきまして、今年度任期満了に伴う役員改選が執り行われ、理事長をお引き受けさせていただくことになりました。皆様から引き続き温かいお力添えを賜り工業組合の相互扶助の精神に基づき新役員の皆さまと共に組合運営をしてまいりたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。
  ご承知のとおり、電力自由化をはじめ”発送電分離”が加速され電力事業関連においても大きく社会構造が変わりつつあります。電気は生活の中で必要不可欠なものでありますので、電気に携わる我々の仕事量は減少しないとは思いますが、それだけに電気工事業者としてのスキルを高め、常に情報アンテナを張り巡らせ受注拡大を目指さなければならないと思います。そしてより安全性の向上、社会のニーズにお応えした施工技術の向上に努めることが重要であり、また電気安全の確保が従来にも増して高まっており、業界への期待は益々強くなっていくものと思われます。
  上部団体であります全日本電気工事業工業組合連合会において様々な事業に取り組んでおります。その中の一つとして”業界理解促進事業”を推進しており、工業高校電気科をはじめ、技術専門校の生徒さんに電気工事業界を理解していただき、若年労働者の雇用拡大を目指し、後継者育成・人材育成に努め、若者が安心して働き、業界の将来が明るく次世代に引き継ぐ事ができるようにしなければならないと考えます。
  そのためには各会社での福利厚生の環境を充実させ、社員の皆さんが安心して仕事に打ち込める環境作りが重要であると思います。新入社員教育・マナーなどを紹介した初心者研修に役立つ冊子を数多くとり揃えておりますので、是非ご活用していきたいと思います。
  さて、当工業組合に目を向けますと、通常総代会でご承認いただきました事業計画に基づき、組合員皆様へ各種資格取得・技術技能レベルの向上を目指した試験・講習会の開催・サポート、電気工事保安講習会の開催、組合員皆さまのより所となる第三者損害賠償制度を始めとする各種保険・共済の取り扱い、組合内外への情報発信として会報”電工組だより”の発行、地域の特色を生かした”電気使用安全月間の推進”、時代に即応した定款・各種規約等の検討、そして来年には創立30周年を迎える青年部会の支援に務めたいと思います。
  そして一般用電気工作物の定期調査業務、今年で13年目を迎え、より無事故・無災害の更新を続け、調査員が一丸となって初心を忘れることなく『お客様に質の高いサービスをお届け』し、調査員の質の向上をさらに高め、体制整備を図り、さらに安全パトロールを強化し、中部電力株式会社様の期待にお応えして参りたいと思います。また危険異常個所発見に今年度も引き続き取り組みたいと思います。
  最後になりましたが、今年度も組合員皆様、長野県産業労働部様・環境部様を始めとする関係行政省庁、中部電力株式会社様・一般財団法人中部電気保安協会様・一般社団法人長野県消防設備協会様、株式会社長野県電気工事協力会様並びに一般社団法人長野県電設業協会様等業界関連団体皆様方のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願いいたしまして就任のあいさつと致します。

PAGETOP
Copyright © 長野県電気工事業工業組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.